医療用ウィッグ・ケア帽子・乳がん用胸パッド

ウィッグのお手入れ方法


ライン

医療用ウィッグはご使用中に皮脂や汗等により汚れや匂いが気になられたり、静電気や乾燥でパサつく場合がございます。
そのような場合は、こちらでご紹介するお手入れ方法をおすすめいたします。
お手入れは、毎日お使い頂く場合で1週間に1度程度になりますが、汚れや匂いが気になる時には、その都度のお手入れをおすすめいたします。
定期的にお手入れいただくことで、より清潔で長くご利用いただくことが出来ます。


写真:1
シャンプー前にウィッグ全体を丁寧にブラッシングします。

写真:2
洗面器・もしくは栓をしたシンクにシャンプーを適量入れ約40℃程度のお湯を注ぎ良く泡立てシャンプー液を作ります。

写真:3
シャンプー液の中にウィッグをそっと浸け洗い用のブラシで、毛先から やさしく髪をとかしながら洗います。
この時無理に引っ張ったりしないように気を付けて洗いましょう。引っ張ると抜け毛の原因になります。

写真:4
シャンプー液から取り出し軽く絞ります。再びシンクにお湯を注ぎウィッグをとかしながらすすぎます。

写真:5
ウィッグの髪に直接トリートメントをつけます。 全体に行きわたる様にブラシでとかします。
髪にパサツキやきしみなど傷みを感じたらトリートメントをつけた後10分程度置きます。

写真:6
シンクにお湯を準備し、そこへトリートメントのついたウィッグを2〜3回潜らせる様にしてトリートメントを流します。

写真:7
タオルに挟んでポンポンと叩くように 水気を切ります。けしてゴシゴシと擦ったりしないでください。

写真:8
8.仕上がりを考えてブラシで軽くスタイリングしてからウィッグスタンドにかけ自然乾燥させます。
ウィッグスタンドを使うと型崩れせず、乾燥・保管することが出来ます。




医療用人毛ウィッグ写真
other
シロ*の気持ち
お買い物の流れ
ウィッグの選び方
乳がん用胸パッドのサイズ表
抗がん剤治療と医療用ウィッグの準備
治療中・敏感肌・ウィッグのシャンプーの選び方

ウィッグ選びのポイント

><店舗詳細・ご予約>

<店舗詳細・ご予約>

<資料設置病院>

 JA取手総合医療センター

 総合守谷第一病院

<ブログ> ブログ
mail magazine
メルマガ登録・解除はコチラ


thank you / material
素材サイト karinko