医療用ウィッグ・ケア帽子・乳がん用胸パッド

抗がん剤治療と医療用ウィッグの準備

ライン

抗がん剤治療に伴う副作用は、全ての方に起こるわけではありません。
お薬によっても脱毛する場合としない場合とがあるのです。
医療用ウィッグをお使いになりたい時は治療前に、
副作用について医師から説明を聞き脱毛の可能性、治療開始日、期間などを聞いて準備します。



:脱毛前に準備したい方

治療を始めてから、2〜3週間で脱毛が始まります。 抗がん剤治療では、投与後に体調が悪くなる事もあり、外出が出来ない様な事もあります。 実際に脱毛が始まると心のショックが大きい為、あらかじめ用意しておく方もいらっしゃいます。 ですが、サイズを測る際 髪がある分頭囲が大きくなりますので、サイズを測る際に注意が必要です。 大きすぎる場合、頭に合わせて縫い縮める等の調整が必要になります。 あらかじめ髪を短くカットしておく事でフィッティングの際にも比較的自然に被る事が出来ます。

:サイズ選び重視の方

髪を短くするのはちょっと・・・。
既成品でもなるべくピッタリのサイズが欲しい。
等の理由から、脱毛が始まってからご購入いただく方もいらっしゃいます。 この時期にですと、ご自分の頭にあったサイズのウィッグをお選びいただく事ができます。 フィット感が良く見た目にも自然に被る事が出来ます。 ですが、髪が抜け始めますと人目が気になり、外に出にくくなりますので事前に帽子や帽子の下につける”帽子の付け毛”をご用意される事をおすすめします。

抗がん剤による脱毛は一時的なもので、抗がん剤の治療が終了すれば 個人差もありますが2〜3ヶ月で髪が生え始めます。
生え始めた髪は以前よりクセが強くなったり白髪が増える場合もございます。